モアレ式体型観察装置

モアレ式体型観察装置 モアレルック

姿勢の歪みや体系を簡単に測定!時間や手間はかかりません!

モアレルックは一般のデジタルカメラとパソコンを使って短時間かつ容易にモアレによる立体計測を可能にしたものです。
なんとモアレ画像表示まで3分程度!
とても簡単・スピーディです!

モアレ(モアレ・トポグラフィー)とは?

一般的にはモアレ式体型観察装置と言い、モアレの干渉模様を読み取ることで身体の正確な立体計測と記をする装置です。
側湾症の観察や、筋肉や骨格のゆがみの測定装置として、改善を客観的に捉えることができます。
何度使用してもX線のような危険性がなく、安心して使うことができます。
スポーツ分野、美容、医学、歯学、整体、整骨、東洋医学など広い分野使用されています。


一般的なモアレとモアレルックの違い


モアレルックの特徴

暗室が不要!
通常のモアレ装置はまず暗室が必要で装置も大きく設置場所が限定されます。
モアレルックは暗室の必要が無く、デジカメを使うことにより場所を限定せず手軽に使用することができます。

装置が小さく場所をとらない!
読取装置に一般的なデジカメを使用することにより装置の簡素化を実現しました。
ノートパソコンを使えばさらなる省スペース化できます。

簡単に持ち運びができる!
デジカメで撮影してパソコンに取り込むということは、デジカメのみを外部に持ち出して撮影し、そのデータを帰った後にパソコンへ移すようにすれば、パソコンを持ち歩かずとも外部で手軽に使うこともできます。

前後比較が簡単にできる!
測定してデータはパソコンに保存していきますので、いつでも過去のデータと比較する事が可能です。
治療前治療後など前後比較が簡単にできます。

測定画面を印刷できる!
プリンターを使えば測定画面をA4用紙に印刷することができます。
印刷時にはコメントを入れて印刷することも可能ですので、測定結果や治療の進行具合など患者に対するコメントを入れて一緒にプリントできます。

簡単に測定画像を分かりやすく加工できる!


【十字線を入力した画像】

【格子を入力した画像】

取り込んだ画像に十字線もしくは格子線を入れる等、パソコンで画像を簡単に編集・加工することが可能です。

画面上で筋肉や骨格の歪みを分かりやすくすることが可能です。

他にも希望の部位の角度を調べたり任意に線を入れたりと色々と加工や編集をすることができます。

 

ご使用上の注意

【STEP1】デジタルカメラで背中など測定箇所の写真を取る。

【STEP2】撮影した写真をパソコンに取り込ませる。

【STEP3】写真をモアレルックに入力し、ワンクリックでモアレ画像に変換!!

定価:619,500円
 販売価格:540,000円(税込)
納品内容:ソフトウェアのインストール、セットアップ
※カメラ、パソコン等は含まれません。


商品についてのお問い合わせは TEL:092-633-3700 までお気軽にお問い合わせ下さい。(平日9~17時)
メールの場合は info@recontre.net までお願いいたします。(メールでのお問い合わせは24時間受付中)

FAXの場合は 092-633-3710 

  
※メールでお問い合わせ及びご注文の場合は、迷惑メールの設定等をご確認の上
 ご連絡くださいますようお願い致します。    
 設定状況によっては弊社からの返信が届かない場合がございますのでご注意ください。


有限会社ラコントゥル   
〒812-0054 福岡市東区馬出2丁目19-15 Mビル2F

医療機器販売登録番号:高2008MD016145